産後骨盤矯正とは!産後骨盤矯正の嘘と本当。偽物と本物の産後骨盤矯正。

妊娠 出産で開いた骨盤を閉じる産後専門の骨盤矯正のことで骨盤の歪みを矯正するスタンダードな骨盤矯正とは意味合いも効果も異なります。

  • 産後の時期にスタンダードな骨盤矯正を実施する矯正
  • 産後特有の開きを閉じる産後専門の矯正

同じと思っている人が多いと思いますが、大きく違います。

 

骨盤を矯正して姿勢を正す産後の骨盤矯正 (姿勢をなおす矯正)

産前や、出産育児による骨盤の歪みを矯正する普通の骨盤矯正であり 産後のホルモンの影響で靭帯が緩んでいる半年以内の時期が骨盤を矯正しやすく「普通の骨盤矯正を産後の時期に矯正するので」 産後骨盤矯正と言います。骨盤は生活習慣で歪むので定期的にメンテナンスが必要です。

※ 要約すると「骨盤の歪みは産後に矯正しやすいのです」 この産後骨盤矯正では開いた骨盤は閉じません。

 

 

出産で開いた骨盤を閉じる産後専門の骨盤矯正(体型を戻す矯正)

妊娠中からの女性ホルモンの影響で緩んだ骨盤に腹腔内から圧力を受けたり赤ちゃんが産道を通るときに開いた骨盤を閉じる矯正緩んだ骨盤庭筋群を引き締め上下左右に歪んだ骨盤をきれいに整え元々の骨盤のサイズまでもどす矯正産後骨盤矯正と言います。

※ 要約すると 出産で大きくなったお尻をバランスよく小さくします。(骨的にです)次の妊娠出産、肥満、加齢による骨盤の緩み以外で骨盤は開くことはありません。

 

さらに、骨盤の歪みや開きの矯正にプラスして骨盤庭筋群を独自に引き締め尿漏れ体操(キーゲルエクササイズ)以上の効果を発揮することもあります。

 

産後骨盤矯正なら自由が丘の整体 ナチュラルカイロプラクティック院

 

  • 産後骨盤矯正の嘘と本当

最近はコピペで情報を集め拡散する記事がグーグル検索で上位に来るようになったせいか、医学的知識や臨床に乏しい素人コピーライターによる不適切な記事が残念でならない。責任もって記事を書いた人間は堂々と名を名乗ってほしいものである。

 

骨盤は数か月かけて自然に閉じます

骨盤はリラキシンの影響で靭帯が緩みおなかが大きくなり圧力が加わり開きます。開いた関節や結合部が外力を加えず自然に動くわけがない。

 

骨盤は数か月かけて徐々に靭帯がかたくなり骨盤は開いたまま固くなります

産後の不安定な骨盤が靭帯が固くなり始め安定感が出てくるので閉まった感覚になるのでしょうが、実際の骨盤サイズは開いたまま固くなるので産前の骨盤のサイズまでは戻りません。※靭帯は確かに固くなりますが、動かないわけではないのです。

 

骨盤ベルトや骨盤ガードルで骨盤を矯正しようとすると外力が弱く骨盤が締まりづらいので、産後半年が勝負と言われる骨盤矯正は手技による産後骨盤矯正には当てはまりません。産後の骨盤が緩い時期は確かに私たち施術者にとっても矯正しやすいです。

 

バキバキして産後の骨盤を矯正する

いわゆるカイロプラクティックの手技でアジャストメントやCMTと呼ばれる手技ですがバキバキして骨盤の歪みは完全に治らないし、100回バキバキしても骨盤が閉まることはありません。なぜか?バキバキ音が鳴る関節は腰椎や仙腸関節(腰や骨盤の関節)であって緩んだ関節をさらに緩くする本末転倒な産後骨盤矯正です。もちろん、治療で必要な場合もあるので悪いことではないのですが、これを産後骨盤矯正と呼ぶにはあまりに無理がある。これは、産後にたるんだおなかをさらにストレッチして柔らかくするような行為で、産後のたるんだおなかはトレーニングで硬く強くするものです。

 

  • 産後骨盤矯正はいつから〜いつまでが適切な時期なのか

はじめる時期

  • 産後骨盤ベルトなら産後すぐにでもOK
  • 産後骨盤矯正なら産後一か月位から始めるのが最も早い時期

産後すぐは悪露の問題もあるのですが、子宮が収縮するのが目安です。自分自身で子宮が収縮するのはわからないと思うので産後一か月検診でドクターに特に何も指摘されなければOKです。出産後すぐにおなかが引っこまないのは弛みももちろんありますが、子宮が大きいままなのです。子宮が大きなまま骨盤を閉めようしても腹腔内の圧力が高いので最適ではありません。ただし、恥骨や尾骨に痛みがあったり、尿もれがひどかったり仙骨痛がある場合は治療的に早目に骨盤を閉めてあげるほうが良い場合よくありますが、一般的には産後一か月位から始めるのが最も早い時期になると思います。

 

終わりの時期

  • 産後骨盤ベルトなら六か月〜一年位
  • 産後骨盤矯正なら特に終わりの時期はないが、三〜五年位は余裕で大丈夫。

産後骨盤ベルトで注意したいのが、長く使用すると仙腸関節がブロックしてしまい本来の柔軟性をそこない慢性腰痛や坐骨神経痛になることもあるので私はお勧めしません

 産後骨盤矯正をいつまで受けるべきなのかは、その人それぞれにニーズが違い、必要性を感じる時が違います。実際産60歳を超えて来院する人もいますし、産後5年 産後10年とかなり経過していて無駄なのかな?と思いつつも尿漏れや慢性腰痛、冷え性、産後太りなど出産の影響が色濃く残りチャレンジする人もたくさんいます。

実際に一般的に適正期と思われている時期を逃してからでも、産後骨盤矯正は劇的な効果を発揮するときもあります。みなさん大変喜ばれますが、もっと早く産後骨盤矯正を施術しておけばよかったと言われます。数千人のママの骨盤を矯正しているプロの私もやはり産後の骨盤矯正は早く受けるのがよいと思います。

 産後骨盤矯正を整体で通うには、時期はいつからいつまでに何回するのが効果的か?

  • 産後骨盤矯正は何回受ければよいのか?

5回〜10回位です。1回/1〜2week一度のペースで良いと思います

よく質問されるのが、他院で矯正を経験した方に多いのですが、週3回骨盤矯正をしないとすぐ骨盤が戻ってしまう。と刷り込まれている人が多いのですが、そんなに頻繁でなくても十分効果を得られますし、骨盤は短期間集中して一時的に矯正するよりもむしろ少しづつ時間をかけて安定して施術する方がよいです。

その理由は、骨盤だけ閉めても肝心の骨盤底筋群は筋肉ですので引き締まるのにある程度時間が必要だからです。骨盤底筋群を一緒に引き締める矯正を同時に行わない産後骨盤矯正は(私は偽物の産後骨盤矯正と呼んでします)本当の効果を発揮することが出来ません。非常に残念なことです。

 ただし、腰痛や恥骨痛、尾骨痛、股関節痛、尿漏れなど生活に支障をきたしているレベルのトラブルを抱えているときは、集中的に治療して早期に日常生活に戻るために産後骨盤矯正を行うのは良い事と思います。

  • 産後骨盤矯正のすばらしい効果!

  1. お尻が小さくなる(骨盤的に小さくなる)
  2. お尻の形が変わる(骨盤の形、左右差などに)
  3. 痩せる
  4. 冷え性が改善
  5. 腰痛が改善や予防
  6. 恥骨痛が改善
  7. 股関節痛が改善
  8. 尾骨痛が改善
  9. 子宮脱や膀胱脱など内臓臓器脱の改善や予防
  10. 子宮や膀胱など内臓下垂の改善や予防
  11. 尿漏れ、お湯漏れ、エア漏れ、失便の改善の予防
  12. 便秘の改善や予防

産後に体重が戻っても産前のパンツやスカートがきつかったり履けなかったりするのは骨盤が開く典型的な例です。産後の体重が戻るのと産後の体型が戻るのが違うといわれるのはこのためです。

【産後の体型】を確実に戻すに3つの方法

 

  • なぜ産後骨盤矯正が良いのか

  • 出産後からどんどん体重が増え始める

骨格(骨盤)が大きくなるのでドンドン太りやすくなっていく

 

  • 出産育児を機に慢性的な腰痛持ちになる

グラグラな骨盤で育児をしていると腰の負担が非常に大きく腰を痛めやすい

 

  • 子宮脱など内臓臓器脱

産後にならなくても老後になってしまった人が、出産の時にケアをしなかったせいで子宮脱になってしまうと考える人も多い

 

  • 出産以降 慢性的な尿漏れに悩まされる。

産後の尿もれは骨盤庭筋群の緩みが直接的な原因であることが多いのですが、近年は慢性的な運動不足の人が多いのか年々尿漏れが増えているように感じます。これらの経験から、昔の人は骨盤をさらしで巻いていたのでしょう。いまでは、便利な骨盤ベルトに進化しています。

 

  • 産後骨盤ベルトで矯正するのと何が違うのか

f:id:sango2010:20150906140802j:plain

 

 

 

効果的に産後の腰痛を治すエクササイズの3つのポイント

Q 妊娠中から腰痛がひどく産後も全然良くなりません。効果の高いメンテナンスの方法を教えてください。

A セルフメンテナンスでとても効果的な腰痛体操があります。

 

効果的に産後の腰痛を治すエクササイズの3つのポイント

  1. 簡単
  2. 疲れない
  3. 時間もかからない

なぜこの3つのポイントが重要なのか?

 

エクササイズは継続できなければ効果を発揮できません。

難しい体操は続かない。

疲れる体操はストレスになる。

育児で忙しいのに時間かけられない。

腰痛がつらいときは頑張るのに腰が楽になってくるとエクササイズをやめてします。腰痛が楽になってからこそエクササイズは継続したいものなのに。ダイエットも運動も食事療法も健康に関するすべてのことは継続してこそ意義のあるもの。わかっているのに継続できない人がほとんどなのです。

 

頑張らなくてもできる超効果的な腰痛体操は1分でOKです。

  1. 就寝前
  2. うつ伏せで頭を上げて、肘を立て頭を支える。
  3. 力を入れず軽く腰を反った状態にして1分キープする。

以上

 

産後だけでなく腰痛のある人はぜひお試しください。1週間から1か月も継続できればかなり効果が高いですよ。マッサージや整体通いの方も併用してエクササイズを生活に取り入れてください。産後の骨盤矯正も腰痛にはとても効果的ですが、簡単エクササイズもお勧めしています。

 

妊娠 出産 育児で腰を酷使して「一生腰痛持ち」なんてことにならないでくださいね。なにしろ日本には1000万人も腰痛の方がいるそうですから。(嘘っぽいですけど)腰痛を軽く考えていると痛い目にあうこともまれにあります。ぎっくり腰や坐骨神経痛は本当につらいです。

効果が高い腰痛体操であっても継続できないと意味がありません。

いままで継続して運動や体操が出来ない人にお勧めです。

 

※「継続できる腰痛体操NO.1」だと思っていますが、もっとも効果が高いNO.1腰痛体操ではありません。すべての腰痛に効果があるわけでもありません。

これ以上の高い効果を腰痛に求めるなら

産後の腰痛にとても効果的な産後骨盤矯正はこちらです。

 

産後の腰痛は出産で骨盤がグラグラしたり歪んだりすると腰を痛めやすいです。授乳の姿勢や赤ちゃんを抱きあげるときの動作や姿勢など、育児で気を付けたほうが良い姿勢も是非マスターしてください。

以上 

効果的に産後の腰痛を治すエクササイズの3つのポイントでした。

 

 

f:id:sango2010:20150908233854j:plain

 

 

 

産後の尿漏れいつから通えば良いですか?

Q 出産後、尿意もないまま失禁してしまいます。産院の先生はそのうち治るから大丈夫と言われますが、助産師さんや看護師さんはすぐに産後骨盤矯正をしたほうが良いとお勧めしてくれました。産後骨盤矯正は一か月からが良いと書いてありますが、すぐに来院してもよいでしょうか?

※実際に産院から送られてきたママからの相談メールです。

A すぐにOKです。

※この方退院後、そのままタクシーでお母様と赤ちゃんを連れて来院しました。

年齢はまだ23歳。初めての出産で自身の尿意が消失し失禁します。これは放置すると精神的ダメージがかなり大きいです。病院では先生や助産師、看護師のみなさんがやさしく対応してくれてとてもありがたい事なのですが、「そのうち治りますよ」の意味は病院で処置することは何もありません。ということです。ズバリ医学では尿漏れは治せません。

 

「なるべく早く来院してください」と勧めたのは経験上処置が早ければ効果が出やすいのです。骨盤を矯正したから尿漏れが治っているわけではないのですが、産後の骨盤を閉じる矯正に骨盤底筋群を引き締める特別な施術を組み合わせることで尿漏れを改善する効果が飛躍的に高まります。一回で治る人もいるし十回位の施術ごやっと効果が表れる人もいます。尿漏れのレベルや年齢、いつから矯正を始めるのか!など細かく分類すると人それぞれなのですが、90%位は改善します。治らない人の方が珍しいくらいです。

ちなみにこの方は

一回目の施術で尿意が回復。もちろんまだ漏れるが感覚が戻った。

週一回のペースで5回。本人談によれば完璧に治ったそうです。

 

治療家としてはとてもプレッシャーのある症状ではありますが、とりあえず治ってほっとした覚えがありますね。

尿漏れは産後骨盤矯正で来院される方の症状では難易度が高く、もちろん治す自信はありますが毎回緊張します。治すことが出来なかった人ももちろんいますからね。

 

尿漏れはレベルの差がかなりある症状ですが、いつから通えば良いか悩んだらすぐにでも産後骨盤矯正を受けたほうが良いと思っています。

 

産後の尿漏れには産後専門の骨盤矯正がお勧めです。

 

f:id:sango2010:20150908234055j:plain

産後10年を過ぎても骨盤を戻せますか?

Q 産後10年過ぎても骨盤矯正で骨盤は元の位置に戻るのでしょうか?

A もちろん戻ります。ただ太りすぎていると厳しいので体重が増加しているのであればダイエットは必須になります。

 

良く効く話で産後半年を過ぎると骨盤が固まって矯正できなくなるとの記事が見受けられます。頭でっかちな知識人か、知識と経験のない素人の転載記事が蔓延しているのが原因と思われますが。

 

産後半年を過ぎたママ達の骨盤を1000人以上矯正していますが、固まって動かない骨盤に出会ったことは一度もない。

 

60歳を過ぎて骨盤がロックしている人はたまにいますが、半年で骨盤が動かなくなるなんて臨床を経験しているプロならはっきり言います。

 

半年で骨盤が固まって矯正できないなんてです。

 

もしもプロの施術者が産後の骨盤が固くなるので半年を過ぎたら矯正不可能なんてことを言っているとしたら、恐らくまともに骨盤は閉めていないのでしょう。単なる営業トークと思ってください。

 

産後すぐに骨盤を矯正できなくてあきらめている人も是非本物の産後骨盤矯正を試してみましょう。本当に変わりますよ!

 

産後10年を過ぎても骨盤を戻せますか?f:id:sango2010:20150908234055j:plain

産後10年経過しても効果のある産後骨盤矯正

 

 

産後骨盤矯正は何回通えば良いですか?

Q  産後の骨盤矯正はいつからいつまでに何回通えば良いのか?

A 5回〜10回位が目安です。

 

簡単にお答えしますが、現実はそう単純ではないのです。

ここで5回〜10回位と書いたのは、あくまで出産で開いた骨盤を閉じることだけが目的の産後骨盤矯正であって個々の目的により変わります。あくまで目安なのです。

 

産後骨盤矯正で来院される方のニーズはとても多く

  1. 痩せたい
  2. 骨盤を閉めたい
  3. 骨盤の歪みを直したい
  4. 腰痛を治したい
  5. 恥骨痛を治したい
  6. 尾骨痛を治したい
  7. 骨盤痛を治したい
  8. O脚を骨盤矯正で治したい
  9. 股関節痛を治したい
  10. 坐骨神経痛を治したい
  11. 不育症を改善したい
  12. お尻を小さくしたい
  13. お尻の形を治したい
  14. 産後の痔を治したい
  15. 失便を治したい
  16. なんとなく骨盤矯正したい
  17. からだの歪みを直したい
  18. 産前よりお尻を小さくしたい。
  19. 腰の左右差、非対称を治したい
  20. 尿漏れを治したい
  21. お湯漏れを治したい
  22. エア漏れを治したい
  23. お尻の左右非対称を治したい
  24. 産前より痩せたい

などなど人により産後骨盤矯正で改善したい願いはたくさんあります。

あなたのニーズはどれに当てはまるのでしょうか?

 

これは当院で改善の見込める産後骨盤矯正での効果になりますが、腰痛などは一回で治ることもあれば一進一退で改善することもあるし、20kg痩せたいのか1㎏痩せたいのか?「いつからいつまでに何回通えば必ず結果がでる」と簡単にいえるほど皆様のニーズにお応えするのは難しいです。個々のニーズに合わせた施術していくのが一番ですね。自分のニーズ当てはまらないことは想像もつかないことでしょうが、はっきり言えるのは1回で治ることもあれば10回でも治らないこともある。

 

ただ骨盤を閉めるだけなら5回から10回でOKです。

 

産後1か月〜はじめても、産後3年で産後骨盤矯正をはじめても良い結果出していけるでしょう。

 

f:id:sango2010:20150908234055j:plain

産後の骨盤矯正はいつからいつまでに何回通えば良いのか?

産後骨盤矯正の施術を受けた人の声

産後骨盤矯正が良かったと思う人の意見とは

 

  • 産前のジーンズが産後にボタンが止まらなくなりましたが、数回で完璧に履けるようになりました。

 

  • 産後から骨盤がグラグラしていて歩いていてもフラフラする感じがすっかりなくなりました。

 

  • 一人目から増えた体重(+8kg)が半年で-2kgまで痩せました。

 

  • 数年前に産後骨盤矯正でお世話になりましたが、矯正してからしばらくしてどんどん体重が減った経験があったので今回の妊娠中にまたすぐ痩せると思い、二人目のほうが体重が増えてしまいましたが、おかげさまですぐに戻りました。

 

  • 産後一週間で恥骨がが痛すぎてすぐにお願いしましたが、来院の時は歩くのも痛かったですが、帰りには痛みなく帰れるようになりました。

 

  • 出産とは直接関係ないのですが、20年以上前からの冷え性が治り、今では寝るときに足を出して寝るほど体質が変わった感じがします。

 

  • 産後骨盤の開きはあまり気にしていなかったのですが、友人に勧められて来院、産後骨盤よりO脚が気になり合わせて施術していただきました。思っている以上の効果でビックリしました。気になっていた後ろ姿がスッとした感じです。

 

  • 骨盤が締まってすごくうれしかったのですが、実は尿漏れで悩んでいて漏れが治ったのがすごくうれしかったです。尿漏れになりにくい立ち方も指導していただき頑張って立ち方をマスターしたいです。

 

  • 妊娠中から痛かった腰が産後骨盤矯正を受けてすっかり良くなりました。腰痛エクササイズも教えていただいたのですが、これがすごい効きます。あまりに簡単すぎてこんなので効果あるの?と思いましたが、毎朝起きると痛かった腰痛がまったくなくなりいまでも楽に継続しています。

 

  • 他店で10回以上産後の骨盤矯正を受けたのに全然ズボンが履けるようにならずに半信半疑で来院しましたが、一回でズボンが履けるようになり他とは施術の技術も全然違うし、説明がとてもわかりやすかったです。

 

  • 産後3年を過ぎて来院しましたが、体型を戻すことより二人目不妊に悩んでいて相談し冷えを治すことを中心に施術してもらいました。不妊と言っても私の場合は不育症なのであと少し骨盤内の血行が良くなるといい結果がでると思いますよと言われました。施術後すぐにおなかや下肢がぽかぽかしてきて、これは効きそうと思いしばらく継続して無事出産することが出来ました。

産後骨盤矯正とは!産後骨盤矯正の嘘と本当。偽物と本物の産後骨盤矯正。

 

自由が丘の整体【ナチュラルカイロプラクティック院】

 産後骨盤矯正を整体で通うには、時期はいつからいつまでに何回するのが効果的か?

 

【産後の体型】を確実に戻すに3つの方法

【産後の体型が戻る】とは 体重 骨盤 おなかのたるみ が戻ること

産後の体型を確実に戻すに3つの方法とは

 

産後の体型を戻すのはどうするのか?

 

まず産後の体型とは3つの戻るが大事

産後の体重が戻る

産後の骨盤戻る

産後のお腹のたるみ戻る

をすべて含めて産後の体型が戻ると考えましょう。(ここでは胸の話はしません。)

 

産後の体型を確実に戻すに3つの方法

  1. 産後ダイエット (増えた体重を戻す)

  2. 産後骨盤矯正  (開いた骨盤を閉じる)

  3. 産後の腹筋   (たるんだおなかをエクササイズ)

 

体重が戻ったら【体型が戻ると思っている。

体重が戻ったら【骨盤が閉じる】と思っている。

体重が戻ったら【おなかも引き締まる】と思っている

 

この3つを同じと思っていたり、わかっているけど考えないようにしていたり、努力を怠っていると神様にいくらお願いしてもその願望はかないません。残念ながら産前の体型に戻ることはできないのです。

 

 

産後ダイエットが成功するには

食事のコントロール 

母乳でおなかが空くのは仕方ないですが、食事の質は見直したほうが良いでしょう。特に脂質をおさえてほしいです。

炭水化物ダイエットは私はお勧めしないです。ただ菓子パンはやめましょう。フルーツも太るので要注意です。授乳期は水分も多く美味しいので食べ過ぎないこと。牛乳も太るので個人的にお勧めしません。乳糖不耐症人も多いですからね。産後骨盤矯正で痩せる人もたくさんいます。

 

 

産後骨盤矯正を成功するには【 産後の骨盤矯正&産後ケア 】赤ちゃん連れOK!私の整体院です。よく読んでください。

 

 

産後のおなかを引き締めるには腹筋 腹筋 腹筋 あるのみです。ただし腰痛のある方は要注意でが腹直筋、腹斜筋を鍛えるとよいでしょう。

 

ここで問題なのがおなかの皮膚のたるみ

そう皮です。 皮。 大問題ですよね。 あきらめましょう。

 

あきらめられない人は禁断の美容整形で皮膚を切開してもらい数年かけてレーザー治療

なんて方法もあります。帝王切開の傷も綺麗になると産婦人科の先生に教えてもらいました。

 

産後のお尻は小さくなるの? - 産後骨盤矯正 Q&A

Let's try

www.chiro-salon.com

 

 

 

 

 

なぜ出産で尿漏れするの?

Q  なぜ出産で尿漏れするのか



そもそも尿というものは、腎臓で血液を濾過して余分な水分や栄養素を体外に排出するものです。いったんは膀胱に貯留して許容量をこえると尿意を感じ尿道を通して体外に排出されます。このときに尿道を閉めたり緩めたりしているのが【骨盤庭筋群】と呼ばれる筋肉です。この骨盤底筋群が骨盤の下部にあるのですが、出産や肥満、ホルモンや加齢により筋力が弱くなり尿漏れをおこします。

妊娠~出産にかけてこの骨盤庭筋はお腹からの圧力に押され筋肉が徐々にストレッチングされ筋肉がのばされた上に分娩時に赤ちゃんが産道を通過するため、骨盤下部が大きく開き骨盤底の筋肉がユルユルに緩んでしまいます。このため自分の意思で尿道を閉めることができなくなり尿漏れを起こすようになります。これを【腹圧性尿失禁】と言います。

 

出産したママがすべて尿漏れを経験するわけではないのですが、当院に骨盤矯正で来られる方の2割位は尿漏れで悩まされています。

 

軽度の尿漏れから重度の尿漏れの方がいます。生活に支障をきたすほどの尿漏れの方もいます。

 

CASE 座っていると感覚がないまま座布団がビチョビチョになるほどの尿漏れ

CASE 咳やくしゃみで毎回またはたまに漏れる。

CASE 尿意が消失してしまい一時間おきに定期的にトイレに行く。行ってみないと出るかどうかわからない。

CASE 立っているときのくしゃみの時だけ尿漏れする。

 

ほんの一例ですが出産後の尿漏れで悩んでいる方はたくさんいます。

 

来院された中にはいつか治るだろうと考えていて、尿漏れのエクササイズなどたまに頑張るが長続きせず、「10年がすぎてまだ尿漏れするのですが、今更骨盤矯正しても無駄にならないですか?」なんてご相談してこられた方もいます。数回で治ってしまい私もビックリしましたが、大変喜ばれました。もっと早く産後骨盤矯正で尿漏れが良くなることを知っていればよかった。とおっしゃられていました。

 

尿漏れは程度が軽い人ほど放置して、ズルズル長引く人がいます。自然に治ることも多いのでそれで問題ない人もいます。ただし、その後の将来一生尿漏れとお付き合いする人も存在していることも知っていほしいですね。腹圧性尿失禁には産後骨盤矯正は絶大な効果を発揮することが多く、早期に治療をお勧めしたいです。消極的治療で自然に治るのを待つより積極的に産後骨盤矯正で治療してみましょう

 

【 産後の骨盤矯正&産後ケア 】赤ちゃん連れOK!

 

 

出産後の骨盤は自然には閉まらないのですか?

Q 産後に開いた骨盤は自然に閉じないのですか?

A 妊娠出産で開いた骨盤は自然閉じません。

 

出産しても骨盤が開かないと思っている方には関係のない話ですが、

 


<誤>開いた骨盤は徐々に閉まる。
<正>ホルモンの影響と出産で緩んだ骨盤が開き、骨盤が開いたまま徐々に硬くなる。

もしも、産前と産後に骨盤が変化がない人がいれば、それは出産時にあまり骨盤が開かなかっただけでしょう!開いた骨盤が自然には戻るわけがないです。

そもそも産後に開いた骨盤が自然に閉じるわけがない


なぜ妊娠して出産をすると骨盤が開くのか?

理由その1 
 
骨盤内の圧力が上がり骨盤を開く方向に力のベクトルが加わるため。(赤ちゃんがおなかの中で大きくなること)


理由その2

妊娠から出産時に分泌される女性ホルモンのリラキシンの影響(このホルモンは靭帯弛緩ホルモンと呼ばれ骨盤を構成している恥骨結合や仙腸関節などの靭帯柔軟性が高まります)


理由その3
出産時に赤ちゃんが産道を通過するのと骨盤内の圧力が原因で骨盤底筋が弛緩してしまい、骨盤下部を支えている筋肉が弱くなるためです。


上記のような理由から骨盤は開くのです。

これがなぜ自然に骨盤がしまらないのか?骨盤を構成している靭帯がゆるんで開いた部位をしめる方向に筋肉がないので骨盤が勝手しまることはないのです。エクササイズで閉めることも無理。外部から力を加えるしか方法がないのです。

ゆるんだ骨盤底筋はある程度までは自然に回復しますが、元通りの筋力を取り戻すのは努力が必要でしょう!

妊娠でたるんだお腹が神様にお祈りしても戻らないのと同じ理由です。

 

産後骨盤矯正は出産で開いた骨盤をもっとも効果的に閉じる最高の方法です。

www.chiro-salon.com

www.chiro-salon.com

 

完全母乳なのに痩せない、どうすればよいですか?

Q 完母なのに全然痩せない、骨盤が歪んだせいでしょうか?

A 骨盤だけのせいにするのは少し乱暴な意見ですね。

 

確かに、骨盤矯正でグングン痩せていく人もいます。しかし、痩せない人だっているのです。普通は完母だとドンドン痩せて元の体重に戻るはずですが・・・。

 

完母で痩せない人もいる

残念ながら完母なのに痩せない人がいます。痩せない心当たりのある人は生活習慣を見直したほうが良いでしょう。 (食べ過ぎのことですよー)授乳のために食事を減らせない人は思い切ってあきらめるのも一つの方法です。

 

元々が痩せすぎていて、産前よりも体重を多くキープしていないと母乳ので悪くなる人がいます。とても悩むところです。

 悩みのポイントは

女としての自分、母としての自分。赤ちゃん優先? 自分優先?。卒乳してから頑張って痩せれば一石二鳥です。

 

産後の痩せパターン(完全母乳)

  • 産後一か月で産前の体重に戻る
  • 産後半年くらいかけて徐々に体重が戻る
  • 卒乳後どんどん痩せて産前の体重に戻る
  • 食べても食べてもどんどん痩せていく ※バセドウ病の時もあるので要注意

などがあります。

 

+18kg  →  +2kg (産後一か月)

+10kg  →  ±0kg (産後一か月)

+8kg   →  -7kg (産後三か月)

+27kg  →  +2kg (産後一年) 

 

産後の太りパターン(完全母乳)

  • 食欲旺盛でどんどん太る
  • 間食がやめられない

などきりがない

 

+7kg  →   +6kg (産後一か月)

+20kg  →   +20㎏ (産後一年)

 

※あくまで産後骨盤矯正を受けに来院した人たちのほんの一例です。

 

例えば、

夜寝る前に 食パン一欣食べる。

間食にロールケーキ一本完食する。

日栄養ドリンクを飲んでいる。

とっても高カロリーで美味しい菓子パンが主食。

ごはんを一食で三合は食べる。

などなど

きりがありません。

 

経験上 産後ダイエットの基本は食事が一番だと思います。糖質より脂質を減らしたほうが良い結果が出る人が多いですね。ただタイプ的に

糖質で太る人、

脂質で太る人

などタイプによるので自分のタイプを把握するのはとても大事です。

 

産後骨盤矯正で必ず痩せるわけでもないのですが

  • 停滞している体重が再び減り始めたり
  • 一か月で5㎏位食事制限なしで痩せる人もいます
  • 産後骨盤矯正が終了してからどんどん痩せる人もいます。

一度トライする価値は十分にあると思います。

 

食事 運動 産後骨盤矯正これで産前の体重に戻れないのであればとっても悲劇ですね。

 

最後に、体重が戻っても体型は戻りません。

 

【産後の体型】を確実に戻すに3つの方法 - 産後骨盤矯正 Q&A

 

出産で開いた骨盤は自然に戻らないので注意が必要です。

 

www.chiro-salon.com

www.chiro-salon.com

 

 

 

 

赤ちゃん連れで通えますか?

Q 整体に赤ちゃん連れて行ってもよいでしょうか?

A 当院はOKですが、確認したほうが良いでしょう。

 

一昔前では考えられないことですが、最近は赤ちゃん連れて通える整体が増えています。

 

私のところも8年程前から赤ちゃん連れOKでしたが、当時はとてもタブーで驚かれたものです。赤ちゃん連れのママ達には優しい時代になってきました。

 

しかし、赤ちゃんを連れてくと心配なことが多いです。おむつ替えは?  授乳は?  泣かれたら? シッターさんがいればよいでしょうが、すべてうまくいくことはないと思えば大丈夫だと思います。特に一人目のママが不安がります。二人目以降のママあまり気にしないほうが良いです。いい加減な言い方かもしれませんが、

どうにかなる

と思っていれば気軽です。私も千人以上赤ちゃんを見ていますが、泣かない子は泣かないし、泣く子は泣く。なんで泣いているのかもなんとなくわかるようになってきます。その都度方法を変えていけばよいし、だめならあきらめるしかないです。意外と連れら泣きの赤ちゃんが少ないのは驚きですね。

 

産後は骨盤も大事ですが、腰痛 首痛 肩こり ひざ痛 股関節痛 慢性疲労などさまざまなストレスにさらされます。

 

無理せず整体でからだをリフレッシュしてぜひとも育児を心ゆくまで楽しんでいただきたいと思います。大変な時期かもしれませんが、とてもとても 大切な時期です。

 

 

f:id:sango2010:20150908234000j:plain

 

 

 

産後骨盤矯正は何回位通えば良いですか?

Q 産後の骨盤矯正は何回通えば良いでしょうか?

A 1〜2週間に一度のペースで5回から10回位を目安でOK

 

よく何回通えば大丈夫ですか?集中的に通わないとすぐに元に戻るのですか?しばらくすると骨盤はまた開くのですか?

 などなど、たくさん質問を受けます。

 

骨盤矯正には終わりがないと考えているひとが非常に多いです。確かに骨盤矯正は生活習慣による歪みであることが多く、習慣を見直さないとまた歪むことになり、そこを改善しなければ定期的にメンテナンスが必要です。特に仕事や育児など自身の努力だけではどうにもできないことがあります。

 

産後骨盤矯正は実は終わりのある矯正になります。メインは産後に開いた骨盤を閉じて、骨盤底筋が引き締まればそれでよいのです。

 

生活習慣で歪むのが骨盤矯正

出産で開くのが産後骨盤矯正

 

一度閉めたら骨盤はなかなか生活習慣で開くものではないです。肥満  次の子妊娠  加齢による骨盤の緩み などが骨盤が開く原因です。

 

ただし産後の関節が緩い時期に開脚やあぐらはダメ覚えておくとよいでしょう。

 

ベルトなどで矯正すると仙腸関節がブロックして慢性腰痛になることもあるので注意が必要です。短期間では問題ないですが、長期間使用しないと結果がでないので悩ましいですね。

 

chiro-salon.com

chiro-salon.com

お風呂上りだけ尿漏れ? それはお湯漏れです。

出産してからお風呂に入る時だけ尿漏れします。と相談される方がいます。これは、お湯漏れといわれる症状になります。インターネットでいくら調べても、【お湯漏れ】と検索しないとなかなか原因に辿りつきません。

 

産後特有の症状で感覚的には尿漏れに近いのですが、お風呂上りだけ尿漏れするわけはありません。実は、出産で骨盤底筋や膣が緩くなってしまい、お風呂でお湯が逆流して膣に入っていまい、少しタイムラグがあり、お風呂を出てからドバっと漏れることもあります。

 

Q お湯漏れは産後骨盤矯正で治りますか?

A ほとんどのお湯漏れは矯正で治ります。治らない人のほうが珍しいくらいです。

(当院の場合)

 

なぜ当院の場合とお答えするのか?お湯漏れも、尿漏れも骨盤が矯正できただけで治るわけではありません。

骨盤を矯正 + 骨盤底筋の強化 = お湯漏れ・尿漏れが治るのです。

普通の骨盤矯正で尿漏れ・お湯漏れが治らないのは、骨盤底筋を強化せずに骨だけを矯正しようとするから治らないし、エクササイズに頼らないと骨盤底筋が引き締まらないのです。

当院の産後の骨盤矯正はオリジナルの理論と技術でエクササイズしなくてもあるていど骨盤底筋を引き締めることが出来るのです。

 

ただし矯正をしなくても、ご自身で膣や骨盤底筋群のエクササイズを的確に実施できればセルフトレーニングで治ると思います。ただ、骨盤底筋群が緩くなりすぎると、力の入る感覚が消失してしまいどこに力を入れてエクササイズしていいのかわからなくなります。その場合はプロにご相談したほうが良いと思います。

なぜ出産で尿漏れするの? - 産後骨盤矯正 Q&A

 

他にも似た症状でエア漏れ、便漏れ(便失禁)などがあります。いずれにしても漏れを出産後や妊娠中に経験した人は他の方よりも老後の子宮脱や臓器脱のリスクが高くなるような気がします。できるだけきちんと治しておきたいですね。

 

 

産後の尿漏れ、お湯漏れなら自由が丘の整体

【骨盤矯正】と【産後骨盤矯正】は違う?

Q【骨盤矯正】 と 【産後骨盤矯正】は違う?

A 骨盤矯正と産後骨盤矯正は全然違います。

(専門家も含めて)混同している方多いですが

 

骨盤矯正と産後の骨盤矯正はここが違う

 

産後の骨盤矯正は2種類ある 


①骨盤を矯正して姿勢をただす産後の骨盤矯正  (姿勢を戻す)

②開いた骨盤を閉じる産後の骨盤矯正  (体型を戻す)


この意味は全然違う。


産後骨盤矯正の見極め方姿勢を戻す骨盤矯正

case1 妊娠や出産にともなう骨盤の歪みを矯正しましょう。

生活習慣で歪んでしまう骨盤は産後 妊娠から出産にともなうリラキシンの影響で歪んでしまった
骨盤を矯正しやすいだけです。

※要約すると  骨盤の歪みは産後に矯正しやすいですよ!

けど また骨盤の歪みは戻るので何度も通いましょう



②産後骨盤矯正の見極め方
体型を戻す骨盤矯正


case2 出産にともなう骨盤の開きを閉じる矯正をしましょう。

赤ちゃんが産道を通るときに開いた骨盤を元の位置に戻す矯正。

※要約すると  骨盤が開くことにより大きくなったお尻を小さくしましょう。

次の妊娠出産まで骨盤は開くことはありません。

 

 

  • 骨盤は生活習慣で歪む(歪みを矯正するのが骨盤矯正)

 

  • 妊娠・出産・肥満で開く(開きを矯正するのが産後骨盤矯正)

なのです。

 

骨盤の見立ては良く骨盤の表現で使われるのが

  • 骨盤のずれ

  • 骨盤の歪み

  • 骨盤の開き

混同して理解している人や同義語と思うかもしれませんが、専門的には違います。

 

 

骨盤のズレについて

※骨盤(こつばん)=寛骨(左右)+仙骨(せんこつ)+尾骨(びこつ)
※寛骨(かんこつ)=恥骨(ちこつ)+坐骨(ざこつ)+腸骨(ちょうこつ)

①骨盤の左右のズレ ・・・ 骨盤の中心軸より左右寛骨の開きが非対称的。
                  足(大腿)の太さが左右違う おしりの形が左右違うなど
生活習慣や出産時に骨盤が左右非対称に開いたしまった人に多い。 

恥骨痛 ・尾骨痛・仙骨痛・股関節痛などが特徴で、特に出産直後よりしばらくしてから恥骨の痛み股関節に痛みを出す人が多い。

②骨盤の上下のズレ ・・・ もっともポピュラーな骨盤のズレで脚長差がでるが特徴です。


足の長さが左右違う 左右の肩の高さが違う 背骨が側湾する 
肩こり 頭痛 首痛 足のむくみ 腰痛  坐骨神経痛

椎間板ヘルニアなどを助長する

骨盤をよく理解していない整体やカイロプラクティックや接骨院などで
骨盤のズレを直さず歪みだけを矯正しようとするとかえって体が歪むので注意が必要です。

 

 

骨盤の歪みについて

骨盤は体の中心で背骨の土台として正しい位置にあるのかを診ることが大事です。
歪みの種類としては、

①骨盤の左右の傾斜 ・・・ 足の長さが左右違う 左右の肩の高さが違う 背骨が側湾する 
腰痛 肩こり 頭痛 首痛 足のむくみ 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニアなどを助長するなどが特徴です。

②骨盤の前後の傾斜 ・・・ 猫背 そり腰など O脚 腰痛 肩こり 頭痛 首痛などを助長するなどが特徴です。

③骨盤の左右の捻れ ・・・ 足の長さが左右違う 左右の肩の高さが違う 背骨が側湾する 
腰痛 肩こり 頭痛 首痛 足のむくみ 膝痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニアなどを助長するなどが特徴です。

骨盤を矯正する上で大事なのは腰椎や股関節のバランスを正しくしていくのが大事です。


骨盤がゆがむ原因としては

の骨盤の左右の傾斜や捻れは 
足を組む
片足体重で立つ
正座を崩して座る
PCやテレビなどを見るときに体を捻っているなど
日常生活で骨盤が歪んできます。

その他、ゴルフや野球など一方向に動くことの多いスポーツなど
さまざまな原因で骨盤が歪んでいきます。

の骨盤の傾斜は
デスクワークによる座位姿勢の悪さ(猫背)
あぐらをかいて座る(猫背)
メタボリック(そり腰)
妊娠(そり腰)
などで骨盤が歪んでいきます。

 

 

骨盤の開きについて

出産により骨盤が開・・

・妊娠~出産にかけて女性ホルモン(リラキシン)の分泌が盛んになり骨盤周りの靭帯が弛緩し始め赤ちゃんの重さが骨盤底にかかり骨盤が開き始める。
ようするに、帝王切開でも妊娠後期による流産であってもすでに骨盤は開いている。
最後に陣痛が始まり大量のリラキシンが放出され赤ちゃんが産道を通ることにより骨盤下部が大きく開きます。


肥満により骨盤が開く・・

・出産だけで骨盤が開くわけではありません。
肥満も骨盤が開く大きな原因の一つです。
肥満は出産ほどホルモンの影響は受けませんが、お腹に赤ちゃんがいるのと同様に腹圧がかかり骨盤底に圧力がかかり骨盤が開いていきます。
厄介なのが、妊娠中の短い期間腹圧がかかるのと違い肥満期が長いと徐々に腹圧がかかりじわじわ骨盤が広がっていきます。
骨盤が広がることによりさらに骨盤周りにお肉が付きさらにお尻が大きくなる悪循環に陥り、せっかくダイエットに成功しても骨盤が広がったままなので太りやすい体質に加え太りやすい骨格を残してしまいます


加齢により骨盤が開く・・

・出産経験もなくやせ形であっても年を重ねることにより骨盤が開く人もいます。
これは、骨盤下部の骨盤庭筋群といわれる骨盤を支える筋肉が加齢により弱り内臓の重さにすら耐えられなくなり骨盤が開いていく現象です。

 

 

当院の産後骨盤矯正はこちらです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【 産後の骨盤矯正&産後ケア 】赤ちゃん連れOK!

東京の目黒区自由が丘にある整体院です。

 

出産後に骨盤矯正をすれば痩せるの?

Q 出産後に骨盤矯正をすると痩せるのか?

A 痩せる人も・・・痩せない人も・・・いる

 

今までに一番多い質問だし、もっとも最重要であるのはやはり産後の体重に関するご質問ですね!

 

産後のダイエットは骨盤矯正が一番

みたいな事が世間でまかり通ってしまっているし、私はダイエットを売りにしているものほど怪しいと考えている類の人間にこの質問が一番困りますが

 

私の経験的には7割痩せる 3割変わらない感じですね。食事療法や運動療法など併用して頑張っている人たちも当然いるので的確な数字はわからないですね。

 

産後骨盤矯正の効果だろうなと思うほど劇的に痩せる人がいるのは本当です

過度な期待もどうかと思いますが、あまりの効果にお喜びになるママはとても多いです。

 

産後のダイエット方法の一つとして産後の骨盤矯正を試すのは確かにお勧めできます

個人差はありますが、自身の努力では正直どうにも出来ないことですから、骨盤矯正を試す価値は十分にあると思います。

 

ダイエットとは違いますが、出産すると2~5センチヒップサイズが大きくなります。産後の体重が減るのかどうかはわからないが、

 

骨盤は産前に戻るし、ヒップサイズはダウンする

 

と言っています。産前よりも骨盤が締まってしまい産前のズボンが緩くて履けない人もいます。それ以外にも産後骨盤矯正にも、さまざまいい事があるのでとってもお勧めの矯正です。

 

【産後の体型】を確実に戻すに3つの方法 - 産後骨盤矯正 Q&A

 

授乳していれば必ず痩せる。

なんてことは大間違い

痩せない人もたくさんいるんです。

 

 

授乳中に痩せない人とか、体重が逆に増加するなんてありえない。授乳期に痩せないなんてどれだけ食べてんの?

 

と感じているママもたくさんいます。

 

産後のダイエットがまったく必要のないママ達は、苦労がわからないでしょう。確かにたくさん食べるし、間食もするし酒も飲む。けど痩せたい。それも努力せず痩せたい。これで結果を出すのは正直厳しいです。

 

痩せる人は不摂生でもどんどん痩せますが、産後3か月で元の体重に戻らないのであれば、少し焦ったほうがいいかもしれません。

 

食事や生活を見直してもなお結果でないのであれば、努力が間違っているのかもう一生産前の体重の戻れないのか?

 

産後骨盤矯正が、もとに戻るきっかけなれば幸いですね。

 

当院の産後骨盤矯正はこちらです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【 産後の骨盤矯正&産後ケア 】赤ちゃん連れOK!

東京の目黒区自由が丘にある整体院です。

 

 

Q 産後骨盤矯正はいつからできますか?
A 産後1か月~でOK.です。

子宮が収縮してからが効果的な時期になります。
帝王切開の方は1~2か月で傷口が痛くなければ

OKです。

 

Q 産後お尻は小さくなりますか?
A 産後は2~5㎝位大きくなる人が多いのですが、骨盤で大きくなった分は
元のサイズに戻ります。楽しみにしていてください。

 

Q 産後骨盤矯正で痩せますか?
A すべての人が痩せるわけではない。
70%位の人は痩せていますね。2か月で8kg位痩せる人もいますが
普通は2~3㎏の人が多いです。楽しみにしていてください。
※矯正中にどんどん痩せる人と、矯正後からどんどん痩せる人がいますよ。

 

Q 産後に腰痛になったのも骨盤が開いたからですか?
A 腰痛の一つの原因になっている方もいますが、すべてのママが腰痛になるわけではないので、

その他の理由が存在します。
産後骨盤矯正で腰痛はかなり改善しますが、

骨盤がしまって改善する訳ではありません。
※はじめて腰痛になってしまった人は、

腰痛の原因や対処法など伝授していきます。

 

Q 抱っこで背中や首がガチガチです。骨盤と一緒に診てもらえますか?
A 当院はエステとかではなく、あくまで治療のプロフェッショナルの整体院です。
産後骨盤矯正コースで全身の辛い場所もしっかりケアしていきます。
※施術時間が足りない人は +産後ケアのコースも用意しています。

 

Q 1年以上過ぎてしまいましたが今更遅いですか?
A 当院の産後骨盤矯正は、何年経過していても開いた骨盤は閉めることができます
※60歳以上の方は骨盤がロックしていることもあるのでできません。

 

Q 産後の骨盤は自然に戻るのを待ったほうが良いのですか?
A 産後に開いた骨盤は自然に戻ることありえません。
開いてグラグラしている骨盤が、開いたまま固くなるだけで閉まることはありません


Q 妊娠中から尿漏れします。産後骨盤矯正で治りますか?
A 当院の産後骨盤矯正は骨盤底筋群を引き締めて機能を回復していく矯正をしています。90%位の人が改善するのでしっかり治しましょう。
※骨盤が閉まれば尿漏れが治るわけではありません。

骨盤ベルトで尿漏れが改善しないのが

その大きな理由です。

 

Q 次の子供を予定しているのですが、産後骨盤矯正はしたほうが良いですか?
A 私はもちろんお勧めしますが、必要性を感じない人が多いですね。


産後の骨盤や体にトラブルのない方なのでしょう。
先輩ママ達の中には、当院の産後骨盤矯正を終えて「1人目から矯正すれば良かった」
と思われる方もたくさんします。

 

Q 産後骨盤矯正は何回通えば良いですか?
A 1~2週間に一度のペース、5~10回位を目安にしてください。

 

Q 骨盤は一度閉めればもう開かないのですか?
A 次の妊娠や肥満でなければ開くことはありません。
産前より骨盤が小さくなってしまった方は

戻るかもしれません。

 

Q 骨盤が開くのと歪むのは何が違うのですか?
A 骨盤の開きと歪みを混同される方がたくさんいます。
骨盤は出産や肥満で開き生活習慣で歪むのです。
※生活習慣での歪みは定期的にメンテナンスが必要です。

 

Q 二人目不妊にも効果はありますか?
A 当院の産後骨盤矯正は骨盤内の血流を促していきます。
着床不全や不育症の方にはとてもおすすめです。
タイミングの問題もありますのでご相談ください。
そもそも骨盤矯正は不妊症の人たちに好評でたくさんの結果を残しています。
当院には不妊時代から通っているママ達もたくさんいます。

 

 

【 産後の骨盤矯正&産後ケア 】赤ちゃん連れOK!